「Joe/I Wanna Know」

今日はまた90年代の曲を紹介します。

80年代は洋楽の黄金期で、ジャンル問わずヒットが生まれていましたが、90年代はR&Bブームが世界を席巻しました。

日本でも影響を受けた小室哲哉さんが、安室ちゃんにR&Bテイストの曲を提供したり、アメリカのガールズグループTLCを意識して、カバちゃんがいたdosをプロデュースしたりしていました。

てなわけで、90年代洋楽といえばどうしてもR&Bになってしまいますが、今日はこの曲です。

「Joe/I Wanna Know」(ジョー/アイウォナノウ)(1999)https://youtu.be/dJ8VjyPw0qY


My Name Is Joe

ジョーのサードアルバム「My Name Is Joe」からの先行リリース。全米チャート4位、2000年の年間チャート4位を記録。

R&Bの良さは、なんといっても美しいメロディー、いわゆる美メロです。そこに黒人特有の力強いシャウト系の歌声が加わって、曲により厚みが生まれるんですよね。

まさにR&Bの王道ともいえるジョーのこの曲は、R&Bを代表する一曲ともいえるのではないでしょうか。

ライブの最後には必ず歌われるという、この「I Wanna know」の歌詞を観客達が完全に暗記していて、全員での大合唱になるとのことです。圧巻ですね。

ジョーは、2016年にアルバムをリリースした際に「これが最後になるかもしれない」と引退をほのめかしたようです。

しかし、一方でR&Bに対する熱い想いも語っております。

「このジャンル(R&B)が忘れ去られ、歌われなくなるようなことにはしたくない。ヒップホップは新たなポップだ。これははっきり断言できる。でも自分は、R&Bを、マーヴィン・ゲイやギャップ・バンドやニュー・エディションの頃のようなR&Bであってほしいと思っている。」

また、ジョーと同じく長年R&B界を牽引してきたモニカもこのように語っています。

2015年にリリースしたアルバム「Code Red」というタイトルについて、「全体としてR&Bが今、非常事態にあると感じているからよ」と説明。「私がやろうとしているのは、新しいものにちょっと古い要素を加えて、融合させること。そして私たちが私たちのために作ってきた音楽がいかに重要なものか、それを若い世代にも知ってもらおうということなの」と熱弁している。


Code Red

一ファンとしても、R&Bの火が消えることなく、またあの美しいメロディーが新たに生まれる日が来ることを待ち望んでおります。

<スポンサーリンク>


1 / 1112345...10...最後 »