「Philip Bailay&Phil Collins/Easy Lover」

台風の影響か、ずっと雨が続いてますな~(>_<)

こりゃ選挙の投票率も下がるな。

たまの雨なら「True」でも聴いて楽しむのですがこうも毎日続くと、さすがに気が滅入ります。

洗濯もの乾かねーしさ。頭が濡れると髪の毛薄くなってきたのバレるしさ。チェッ!

こんなモヤモヤする日はスカッとする曲が聴きたくなるよね。

スカッとする曲といえば、これでしょ!スピード感というか疾走感がたまらないこの一曲。

「Philip Bailay & Phil Colins/Easy Lover」(フィリップベイリーアンドフィルコリンズ/イージーラバー)(1984)https://youtu.be/JkRKT6T0QLg

1984年にリリースされたフィリップベイリーのアルバム「チャイニーズウォール」からのシングルカットで全英チャート1位、全米チャート2位のビッグヒットとなりました。


チャイニーズ・ウォール

アルバムのプロデュースをフィルコリンズが行っていた関係で、この曲のデュエットが実現したようです。

当時のフィルコリンズは「Against All Odds」「One More Night」とヒットを連発していて、あちこちからヒッパリダコで世界一忙しい男と言われていました。

一方のフィリップベイリーもアースウィンド&ファイヤーのボーカルとして活躍していたので、ビッグネーム二人のコラボということで非常に注目されたようです。(ちなみに二人は同じ年齢)

しかし、フィリップの声めっちゃ高いです!よくあんなキーで音外さずにずっと歌えるよなーと感動。そんなフィリップのハイトーンとフィルのハスキーボイスが見事にマッチしてます。

そして、タイトルの「Easy Lover」ですが、歌の内容からして尻軽女とか魔性の女って意味らしいです。

あの女マブイ(死語?!)けど尻軽で性格悪いから気をつけた方がいいぜ、っていう男同士の会話を歌ってます。

さてさて明日は晴れてくれるだろうか。。。

<スポンサーリンク>


コメントを残す