「Gregory Abbott/Shake You Down」

今朝の目覚めの気分は、なんだかのんびりモード。

ベッドの横には、ばぁやがすでに用意してくれた熱々のホットコーヒー、カリカリに焼いたベーコンとトーストに私の好きな目玉焼き。

ふぅー、しあわせ~・・・

って、思ったら夢だった(^_^;)

そんなどーでもいい、のどかな朝にピッタリなこの一曲。

「Gregory Abbott/Shake You Down」(グレゴリーアボット/シェイクユーダウン)(1986)https://youtu.be/Uc8wmLul3uw

デビューアルバム「シェイクユーダウン」からタイトルカットされたこの曲はリリースから3ヶ月という早さで全米チャート1位に輝き、87年の年間チャートでは3位を獲得しました。

グレゴリーアボットは作詞、作曲、アレンジの全てを一人でこなし、音楽の才能に恵まれた人ではありますが、ちょっと経歴は変わっています。

デビューする前は、カリフォルニア大学で心理学を学び博士号を取得。その後しばらく大学で講師として勤務していました。

音楽の才能のみならず、頭までいいんです。おまけに彼は俳優でもやれそうなイケメンでもある。

う~む。「天は二物を与えず」というが、やはりあの言葉はウソだったか。前からうすうす気づいてはいたのだが・・・

まぁ、それはさておき80年代ではあるが、70年代のような懐かしいサウンドに、マービンゲイを思わせるようなアボットの優しく伸びのある声は聴く人の心を穏やかにさせてくれます。

タイトルにもなっている「shake you down」とは君の身も心も震わせてあげる、という意味ですが、こんな優しい感じで口説かれたら、どんな女性もコロッといっちゃいそうですね。

以降アボットはプロデューサー業を中心に行ったため、自身のヒットがこの曲で終わってしまったのがファンとしては残念なところです。

しかし、「アーティストとしても成功したいが、もっと大切なことは、人間として成長を続けることだ」と語るアボットの言葉からは、ヒットとかセールスとかにとらわれず、納得のいく音楽活動をしながら一人の人間として着実に歩んでいきたい、という男前な人生哲学を伺い知ることができます。

うーむ。深いぃ~

やはりイケメンは顔だけじゃなく心までも、どこまでも限りなくイケメンなのであった・・・

アボットの現況は彼のサイトhttp://www.gregoryabbott.com/ で知ることができます。

さてさて、ばぁやは見当たらないので、ちょっと遅い朝食を自分で作るとしますか。。。

<スポンサーリンク>


2 / 3123